札幌市で唯一の「慢性腰痛」専門整体院 縁|【札幌 腰痛】スポーツクラブでは教えてくれない本物のスクワットとは?!

整体院-緑-ブログ

【札幌 腰痛】スポーツクラブでは教えてくれない本物のスクワットとは?!


皆さんこんにちは!

 

札幌市で唯一の慢性腰痛専門整体院縁〜yosuga〜の山本です!

 

本日も札幌にお住まいで、腰痛でお悩みのあなたへ価値ある情報をお届けしたいと思います!

 

昨日、一昨日と膝痛や腰痛につながるスクワットを行う上での悪い癖について解説していきましたがいつも来院して下さっている腰痛もちで右膝に痛みのある80代のお客様から 「先生、スクワットやってみたけど後ろに傘を持って膝を前に出さないようにすると後ろに倒れちゃうんだけどどうしたらいいの?」 というご指摘を受けたので今日は腰痛や膝痛がある高齢者、運動初心者の方でもバランスを崩すことなく行えるスクワットの仕方についてお伝えしたいと思います☆

 

 

ちなみに題名にもある通り、地域のスポーツクラブでは決して教えてくれないスクワットなので是非、腰痛や膝痛がある方はご覧になってご自宅でも実践してみて下さい☆

 

 

では、動画をどうぞ☆

 

 

腰痛、膝痛持ちの高齢者、運動初心者の方へ

誰も知らない本物のスクワット方法とは?!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

皆さんご覧になって頂けましたか??

 

 

ここで再度おさらい笑

 

 

この一週間ずっとお伝えしてますがスクワットを行う上での注意点はこの5つでしたね?!

 

 

腰痛、膝痛の方がスクワットをする上での注意点 5つ

①膝を前に出さない

 

②背中・腰を丸めない

 

③スクワットした際につま先を開かない、膝を内に入れない

 

④足裏全体にしっかり乗る、かかと体重にならない

 

⑤足幅は肩幅より狭い腰幅で行う でした!

 

 

この注意点5つの中で、今日の動画は、4番目の足裏全体に乗る、かかと体重にならないという注意点がうまく出来ない高齢者、運動初心者の方に向けた動画でした☆ 手を前に出すことで、足関節が硬かったり外反母趾や扁平足のようにアライメント不良がある方でもよりバランスよく立つことができます!

 

 

まずは、無理のない範囲でお尻を下げられる所まで下げてみて下さい☆

 

 

当院では膝痛や腰痛のあるご高齢の方、運動初心者の方が約8割来院されています。

 

 

よく患者さんに 「パーソナルトレーニングって聞いたらなんか敷居高い感じがしたんだよね。。。。もっと早く来れば良かった。」 というお話をいただきます。

 

 

が、全然そんなことはありません笑

 

 

札幌で

腰痛

ギックリ腰

坐骨神経痛

ヘルニア

腰椎分離症

脊柱管狭窄症

 

産後 腰痛 等でお困りの方は是非札幌市唯一の「慢性腰痛」専門整体院縁〜yosuga〜、パーソナルトレーニングジム縁~enishi~まで勇気を出して連絡下さい!

 

 

札幌の整骨院、病院、マッサージ等どこに行ってもなかなか改善されないという方ご連絡お待ちしております!

 

011-205-0675