札幌市で唯一の「慢性腰痛」専門整体院 縁|リウマチ(膠原病)を抱えた患者様のお話し

整体院-緑-ブログ

リウマチ(膠原病)を抱えた患者様のお話し


皆さんこんにちは!

 

札幌市で唯一の慢性腰痛専門整体院縁〜yosuga〜の山本です!

 

本日も札幌にお住まいで、腰痛でお悩みのあなたへ価値ある情報をお届けしたいと思います!

 

本日は膠原病についてのお話しです。

 

先日札幌市南区真駒内にお住まいの方で膝と腰がもう何年も痛むという患者様が来られました。

 

その方はリウマチを持っていて膝や腰、手などあらゆる所にこわばりがあり関節自体も腫れがあり曲がりづらい状態でした。

 

ただ私自身、こう伝えました。

 

「お灸や鍼、整体で時間がかかるけれども今より必ず改善することは出来ます!まだまだ技術的に私自身も未熟者で神様ではないですが最善を尽くします」

 

と真摯に向き合ったところ泣いて喜んでくださいました。

 

まだまだ私を求めてくれる患者様そして私自身もっともっと成長しなくてはと思った瞬間でした。

 

ということで今日はそんなリウマチなどの膠原病についてのお話です。

 

膠原病とは?!

皆さんは膠原病というものを聞いたことがありますか??

 

膠原病に主に下記のようなものが含まれます。

 

・関節リウマチ

・全身性エリテマトーデス

・強皮症

・皮膚筋炎

・多発性筋炎

・多発性多発動脈炎

・混合性結合組織病

・シェーグレン症候群

・ベーチェット病

etc

この中で私が一万人以上見てきた患者様の中で最も多いのがリウマチとシェーグレン症候群です。

膠原病の原因とは?

 

膠原病患者の血液中には、自分自身の体の構成成分と反応してしまうリンパ球(自己反応性リンパ球)や抗体(自己抗体)が見つかり、このことが膠原病という病気を引き起こす原因になっていると考えられます。

 

 

このために膠原病は「自己免疫疾患」とも呼ばれます。

 

 

したがって、膠原病の治療には病気を引き起こすリンパ球の働きを抑えたり、自己抗体が作られるのを抑えるために、副腎皮質ホルモン(ステロイド薬)や免疫抑制薬が用いられます。

 

 

しかし膠原病は現代医学をもってしても完全に治癒できる病気ではありません。

 

 

症状の改善が見られたとしても、疲労したり、季節が変わったりすることによって再び悪化するケースも少なくありません。

 

薬をしっかりと服用していても症状が悪化することもあります。

 

 

また膠原病の薬を飲み続けることによって骨粗しょう症・糖尿病・動脈硬化症・がんなどの病気が誘発される可能性もあります。

 

 

症状を抑えつつ、こうした副作用を抑えるには鍼や灸によって自然に治癒力を高める鍼灸治療も効果的です!

 

 

現に多くの方が当治療院にて膠原病の治療も受けられております!!

 

 

 

上記のように膠原病を抱える患者様の症状としては正直重たいものがほとんどですが私自身必ず現状の状態よりは改善できる自信はあります!

 

不安でしょうがないとは思いますが勇気を持ってはご相談ください!!

 

誠心誠意あなたのお悩みと向き合います!!!

 

札幌で

腰痛

ギックリ腰

坐骨神経痛

腰椎分離症

脊柱管狭窄症

等でお困りの方は是非札幌市唯一の「慢性腰痛」専門整体院縁〜yosuga〜

 

パーソナルトレーニングジム縁~enishi~まで勇気を出して連絡下さい!

 

札幌の整骨院、病院、マッサージ等どこに行ってもなかなか改善されないという方ご連絡お待ちしております!

 

011-205-0675

 

 

 

 

 

http://yosuga-sp.com